blog,  Executive Creator Blog,  ビーチ,  フォトジェニック,  ランチ,  体験,  旅行,  絶景

とほかみえみため🙏奇跡の祓い清め鎮魂ツアーin八重山

2020年7月上旬、Tzoさんと僕は八重山の地に訪れることにしました。

僕が家族写真の仕事で石垣島に行く予定をTzoさんのお店 Shangri Awaで話したら「俺も行く」ということで、同じスケジュールで石垣島に行くことに。

目的は八重山を祓い清め鎮魂し意を宣るため

彼の目的は、オヤケアカハチへのご挨拶、八重山に複数ある祈りの場(普段は行かないそうです)を祓い清め、鎮魂し、意を宣るため。

はじめはナゼ僕も一緒に行くのか解りませんでしたが、オヤケアカハチの話を聞くと納得。

が、石垣島は青空!

那覇は雨でしたが、石垣空港に到着すると奇跡的に青空!少々雲は多かったものの、僕の上から太陽が出ていました!

つるつるさっぽり八重山そば

先に到着してるTzoさん、そして共にとほかみえみためを学んでいて石垣島でお店を営んでいるチエさんと合流し、八重山そばで腹ごしらえ。麺はつるつる、だしはさっぽり和風味の美味しいそばでした。

八重山そば処来夏世
https://goo.gl/maps/XQiiiisgXoFiCvoX7

オヤケアカハチの乱

Day1はオヤケアカハチのもとへ。彼は八重山が当時の琉球王府への朝貢を拒否、反旗を翻した驚天動地の「オヤケアカハチの乱」の主人公です。

実は、Tzoさんと僕はオヤケアカハチを討伐した尚家側の子孫。ということもあり、まずは、祖先が行ったことに対する謝罪の意と、八重山の地をお守りくださったことに感謝の気持ちを伝え、とほかみえみためしました。

その後、川平湾に行き、川平観音堂にも手を合わせて美しい海を堪能。展望台にいくと、観光でいらしてたご夫妻が二人で写真を撮ってたので、僕が撮ってあげることに。奇跡的に旦那様がTzoさんと同じ444のキャップをかぶってる!また、このご夫婦は後で、、、。

Mr.セイキさん

Day1の夜はチエさんと共にご友人セイキさんのバーに行きました。このセイキさんも不思議な人で「相手に言葉で伝えなくても、思うだけで動力が出ている」という旨のことをおっしゃってて、まさに僕たちが学んでいる言霊のことを体感・経験でご存知のようでした!八重山はアーティストの方が多いのですが、感性が鋭いと言うか真理をわかってらっしゃる方が多いのかもしれません。

道なき道を約958m

Day2、僕は家族写真の仕事が午前中はフサキビーチへ。終始、奇跡的に晴天で素敵な家族写真が撮れました。

あそこ行こう

午後はTzoさんと合流し、石垣島の北部まで行き、ぐるっと一周することに。市街から1時間ほど東廻りで北上すると島の最北端にある平久保崎灯台へ到着。丘の上に登り、美しい大自然を堪能し、西側を見たTzoさんが「あそこ行こう」と一言。

Googleマップをみても岬へ行く道は表示されておらず、とりあえず車で近くまで行くことに。案の定、舗装道路はなく、だだっ広い草むらに、2本のわだちがあるだけ。車の側面や底面に草があたってたけど、行けるところまでということで超徐行で発進。

僕は車が心配だったけど、Tzoさんは「大丈夫いける」と冷静。途中、かなり深い草むらや、タイヤが嵌りそうな悪路もあり、道なき道を約958mほど行くと、奇跡的に海岸の目の前に到着!ほんと大丈夫だった。

平久保崎灯台の西にあったもの

車から降りると何の迷いもなく、ずんずん歩き出すTzoさん。ずんずんと砂浜を北にいくと小高い岩場があり、Tzoさんはその上をひょいひょいと登っていく。頂上付近まで着くと「やっぱりあった」という声。

そこにはちゃんと竜宮神が祀られた石があり、二人で手を合わせて、とほかみえみためしました。ここにたどり着くまで殆ど迷がないTzoさん。まるで何回か来ているかのように先導してたんですよねー、何かに導かれるように、、、

小高い丘で手を合わせた帰り、潮が満ちてきTzoさんはずぶ濡れになったので、洋服を買いに行くことに、、、そこでも奇跡が。

この直後、Tzoさんずぶ濡れに

ある意味「神」

Tzoさんはずぶ濡れのままドン・キホーテでTシャツを買うことに。いろいろ物色してると、こんな最適な一着が見つかりました!

Tzoさんに最適なTシャツ、ある意味、、、

神!!!!!

奇跡のスナック・バー

Day2の夜は美崎町にあるチエさんのお店へ。訪店したときは、僕たち2名分の席を除き満席。しばらくすると何組か退店(Tzoさんいわく周波数が合わなかったから)しましたが、すぐに席を埋めるように同じくらいの人数が入ってきました。

周辺は社交街で若いおねーちゃんがいるようなお店や流行りの居酒屋ばかりなのですが、スナック・バーが満席というのはマジで奇跡!Tzoさんがトイレのところを氣にしてて、チエさんに報告。すぐにお祓い清め鎮魂してたので、今後も商売繁盛するお店になるんだろうなと思います(チエさんいわく、実際にこの後もお客様がとまらないとのこと、ホントすごいねー)。

奇跡の隣り合わせ

チエさんのモアイ仲間で、TzoさんのFacebookライブを見て、とほかみえみため本も購入し、和の成功法則も買って音源を流し、すぐに祓いを実践してる友達がいるということを旅の途中で伺っていました。そして今、奇跡的にカウンターの隣に居合わせたそのモアイ仲間のリチャードさん。憧れのTzoさんが隣にいて、鳥肌が止まらないリチャードさん。すごく恐縮してて、タバコもTzoさんが吸うまで我慢してたくらい。握手して、お話を聞いてもらい、終始感激のリチャードさんでした。

閉店までずっとお客様が出入りして、賑わってるチエさんのお店。チエさんの店に入るまえに行った居酒屋でお友達になった客と店長も合流し(ちゃんと来るのが奇跡)、お話したりカラオケ歌ったり楽しく過ごしました。そうこうしてると、どこからともなく「西表島」という声。そこに間髪いれずTzoさんが一声「じゃあ、西表島あした行こう」。ってことで、翌日は西表島に行くことに!

カラオケスナックChieのMAP
https://goo.gl/maps/MSWVAxrqLvuLGeyS7

予言通りの奇跡

Day3は日帰りで(チエさんのお店で誰かが言っていたから)西表島へ行くことに。チエさんがリチャードさんも呼び出し4名の小旅行。結構おそくまで呑んでただけど、みんな寝坊しないで到着してました。

フェリー乗り場に行くと、なんと川平湾でお写真を撮ってあげた、ご夫妻に奇跡の再会!あらためて名刺交換して、お話を伺うと旦那様は東京で映像制作のお仕事をされてるようなので、なにか機会があれば、またご一緒しましょう、と再会を喜びました。

具志堅用高と共に奇跡の再会を喜ぶ

実は、Tzoさんが川平湾を後にしたとき「あの夫婦とまた会う氣がする」と言ってたのを思い出しました。もしかして、Tzoさんが「また会う氣がする」と言ったから、再会したのではないかと。奇跡を予言したというか、未来を創ったのかもしれません。

大丈夫、行こう

フェリーに1時間ほど揺られて西表島へ。Tzoさんは初の西表島。もう行く時点で「祖納(そない)」というキーワードが出てきてたようで、一直線に祖納集落へ。集落の北西にある美しい海岸がありました。Tzoさんいわく、接客業をやられてる方は、ときどき海にいって清めたほうがいイイとのことで、裸足になり皆でアーシング。沖縄のいろんな海に行きましたが、手つかずの自然という感じの非常にキレイな海岸でした。

この海はほんとキレイでした

浜でお清めしたあと、車に乗り移動。行く途中ぼくが「ここ何かありそうじゃない?」と言うとTzoさんは「大丈夫、行こう」と即答。やはり、この人はなにかみえてます。そしてTzoさんが「大丈夫」と言うと、本当に大丈夫なんです。軽く言ってるように聞こえるんですが、めっちゃ安心感を感じる「大丈夫」なんです。他の人が適当に言ってる大丈夫とは全く違う大丈夫感1,000%の大丈夫なんです。

大丈夫、ちゃんと着く

たどり着いたところは、「節祭(しち)」という西表島で行われる国の重要無形文化財指定の五穀豊穣を祈願する伝統行事が行われる神聖な場所でした。大丈夫、ちゃんと行きたい場所に到着できました。ここに4名で手を合わせて、とほかみえみため。

アララガマ

その後、Tzoさんのお友達でマンゴーやパインを生産してるカイトさんのアララガマ農園へ。西表島最大の農園で、地方の集荷場くらいの規模のグループ。『アララガマ』は、カイトさんの父さんのご出身である宮古島の方言で「不屈の精神」という意味。糖度16%以上のマンゴーや出荷数20万玉以上のパイナップルを不屈の精神で生産してます。

アララガマ農園HP
https://araragamafarm-netshop.com

左からボク、リチャード、チエ、Tzo、カイト(敬称略)

いりむとぅや

マンゴーの収穫シーズン真っ最中のお忙しいなか、併設の飲食店「いりむとぅや」へ訪問させていただきました。このお店では、タコライスや八重山そば、マンゴースイーツなどを多能させて頂きました。場所は高台にあり、景色も格別で、星空は最高とのこと。3日間で疲れた体を癒やす最高のランチになりました。

いりむとぅやMAP
https://goo.gl/maps/XbcCveKcqTKkeWVo9

西表島はその広大な島全域が国立公園になるほど、マングローブ原生林に代表される手付かずの自然を有する他。他の離島よりはるかに暗いので、星もキレイなんだろうな。今回は日帰りでしたので、次回は2泊くらい滞在してゆっくり自然を楽しみたいです。

とほかみえみため🙏奇跡の祓い清め鎮魂ツアーin八重山を終えて感じた事

旅行に行く前から完璧にスケジュールを計画して、何時から〇〇、どこで〇〇する、という感じで全て決めて行く方もいらっしゃると思いますが、Tzoさんは真逆で目的だけ決めてあとは殆どノープラン。現場で直感で決めるっていう感じです。多少のハプニングがあっても、そのほうが楽しいし、いろんな出会いや奇跡があってイイと思います!皆様も目的だけ決めるノープラン旅行おすすめです!

帰りの飛行機でみた夕日

この旅を通じて再認識しました、奇跡は起きるものではなく、起こすもの。どうせ、晴れるし、どうせ大丈夫。そして、また会える。すべて、奇跡が起きたように見えるけど、それは、自分が起こしたものなのかもしれませんね。晴れると意を宣ったら、晴れる。大丈夫と意を宣ったら、大丈夫になる。また会えると意を宣ったら、再会できる。

とほかみえみためを唱えて、自分とご先祖様を祓い清め、鎮魂し、意を宣る、するとTzoさんのように奇跡が起こせるようです。

というこで、また、お会いしましょう!

5 4 votes
Article Rating

Share and Enjoy !

0Shares
0 0

国会議員の公設秘書を辞め、家族やカップルの愛のカタチを撮影するフォトグラファーになりました。家族写真や挙式・イベント、民泊物件、料理など出張撮影しております。

Subscribe
Notify of
guest

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

1 Comment
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
イケムラカイト
イケムラカイト
3 months ago

赤嶺さん、まじまじと読みました。奇跡の連続、たいぞうさんとは、深い話がしたくても、立場上那覇ではゆっくりお話できませんでしたが、何か感じるものがありました。こうして僕も大変化のタイミングで西表島まで足を運んでもらい嬉しい感謝です!!!